人気ブログランキング |

気づき

037.gif>
気づいてしまいました。
コバンザメの周りにくっついてる小さな魚たち・・・
おこぼれを戴いて頑張ってる魚たち。

「魚界」だけでなく、「人間界」にもあるのだと。

けど、コバンザメの寿命が短いと感じたら、さっさと次の獲物のところへ・・・
「政界」も然り、友人知人も少なからず、然り。

私の場合、「見かけ」が「見かけ」なので、「たくらみ017.gif」なく近づいてくる人は居ない。
勝手な期待通りのことが起こらない限り、「してやったことが無駄、こんなにしてやったのに!!」と憤慨される。

面白い。
例えば、一流ホテルに泊まったとしよう。
よく見るとドレッサーの隅に「髪の毛が一本」

~あってはならないことだが~

憤慨どころか、さらにワンランク上の部屋を要求するだろう。

では、間口も一人ぎりぎりの古いビジネスホテルで同じことが起こったらどうか?
半ば、「仕方ない」と諦めが過ぎらないだろうか?

「期待」の違いから、最近問われる『満足』『不満足』が決まる。

人は、個人の生きてきた価値観と、等価交換以上のモノが得れなければ『不満』になるのだ。
「感情」も然り。

生きてる限り、乗り越えないといけない壁にぶつかる。007.gif
その時に、自分が一流なのか、付き合ってきた人たちがどうなのか見分けられるんだと・・・気づいた。006.gif

楽しいときに仲間が集まってくるのは当然だと思う。
プラスの「気」に導かれるからである。
苦しいときに添ってくれる家族や友人こそ、「本物」なんだと。

私はよく「何処までお人よしなんだ!!」って呆れられたり、怒られたりする。
昔からだ。爺ちゃまの遺伝だ。
はんこ一つ、保証人になって、家を7件無くしてしまった。
どんな人のことも、聞けばホッテオケナイ。
苦しいときに、人が寄り添ってくれるだけでも温かいもんだ。

自分が「本物」に近づける様に、子供たちが「本物」に育つように、腐ってはいけない。
どんな老木からでも、「新芽」を出して見せよう。
背を向けた人たちに、せめてもの後悔がよぎれば、それが私の復讐なのかも知れない。

6年前、入院し、会社を休んでたとき以来。
こんなに長く、大人と喋らなかった時間を過ごすことはなかった。
おかげで、いろんな棚卸ができた。

049.gif 新しい航海図を持って、新しい旅に出よう。
by f_omoikurenai | 2009-03-11 11:03